FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
家出少女 痛くない筈
俺は昨日の夜から興奮して眠れなかった。
何しろ、ジジイと佳純ちゃんのエッチが見れる!かもしれないからね。

五月二十四日(水)
またまた朝早く起きた。バイト続きで疲れたけど、のんびり寝ていられない。すでにテンションが高い訳です。
カワイイ小学生の佳純ちゃんをいただく日ですから!掃除しよう。布団も干しておかないとね!
掃除の最中、隣のドアの閉まる音が聞こえた。
ん?7:00…まだ二人とも出かける時間じゃないけど?せっせと掃除していると、いつもの時間に佳純ちゃんが学校へ。
「佳純ちゃーん」と小声でよぶと、振り返って笑みを浮かべた。ペコッとお辞儀をしたので、俺が手を振ると佳純ちゃんも返してくれた。カワイイなぁーでも、男知ってるんだよねー。

ある程度掃除をして昼くって、少し寝た。
2時…3時…あれ?佳純ちゃんまだ?
4時すぎ…ガーン!帰ってこない。
5時には母親が帰ってくるのに……
ガッカリしていると、ドアがノックされた。
開けると佳純ちゃんだった。先週みたいに走ってきたらしく息を切らしている。
ランドセルは背負ったまま。
「はあはあ…ごめんなさい…合唱の練習でおそくなっちゃいました」
ガッカリした俺だが、努めて明るく、
「そうかあ、仕方ないよね、とにかく上がって」
俺は息を切らしてる佳純ちゃんに麦茶をだしてあげた。
「ありがとう!」
佳純ちゃんはゴクゴク一気に飲む。
「そろそろ、お母さん帰ってくるね」あー残念無念。
「ううん」佳純ちゃんは首を振る。
え゛?
「今日はママ、仕事の人達と集まりで帰って来ないって」
「……」なにーーーー!
帰って来ないって…帰って来ないって…帰って来ないって…頭の中で帰って来ないってが飛び回ってます!
それを早く言ってよ、佳純ちゃーん!
「そう。じゃあ、佳純ちゃん、一度帰って、ランドセル置いて、シャワー浴びて、着替えて、またおいで。夕飯一緒に食べよう」
佳純ちゃんはパッと笑顔になり、
「本当?今日はママ、カレーライス作ってくれたんですー!」
「じゃあ、カレー持っておいで」
「うん!」佳純ちゃんは、弾けるように一旦、隣に帰った。
いやあ、最近、つきまくりだな。一生の運を今使ってる気がするな。
[2009/07/30 10:59 ] | 未分類
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。